2018.11.21 Wednesday

テスト対策〜学校の授業内容

0

    久しぶりのブログ投稿になります。

     

    毎年、通年で起きるイベントは決まっているので最近は特にブログに投稿するでもなく日々の業務を行なっておりました。

    どうしても、萩市の現状を嘆くような内容になってしまうので控えていた部分もあるのですが、今日のテスト対策で感じたことがあり記しておきます。

     

    東中/西中は来週が期末テストで今週はテストに向けてまとめの時期になり、当塾での授業も小テストの実施と解説にほとんどの時間を費やします。

     

    うちで使っている教材は教科書準拠の標準レベルの物でバランスよく基礎から標準問題まで配置してあります。

    決して難しいレベルに分類されるテキストではありません。

    そこでの確認テストの結果が思ったほど芳しくなく、解説しながら生徒達の反応を見て気づいたことがあります。結局学校で簡単な内容の授業を表面だけわかったような気になって、理解が出来ていない部分が多いのだなと再確認しました。

     

    今日の数学クラス、学校の成績でいうと結構良い方の生徒でも少し質問のされ方が変っただけで出来なくなっていたり、塾での指導で必ずこのように式を立てて解くようにと指導した部分も式を立てずに暗算で解いてミスが出ていたりしました。

     

    これは、萩の学校でやっている事が簡単すぎてある程度出来る子にとっては、しっかり式を書かなくても解けてしまうので塾でしっかり書くよう指導していても、結局楽な方に流れ式を書く習慣が身についてない事がミスの一つの原因であるのではないかと感じました。

     

    また問題の意図が分からないと解けないもの(用語の定義やその式が何を表しているのかを理解しておかないと解けないもの)が計算自体は簡単なのにどうしていいか分からない生徒(学校の成績は上位20%以内の生徒)がいたのも気になりました。

     

    そのぐらいの成績の生徒でも結局何も考えずに計算して出た数値を解答に書いているだけなのか、と思うと普段の当塾で問題や式の意味を考え正面からだけでなく違った角度から考えたり説明している事が何も役に立っていないように思え悲しいような腹立たしいような気持ちになりました。

     

    しかし学校でそのような事を考えなくてもいいような問題ばかりやっていると思考が麻痺して来るのかな、とも思いました。

     

    試験範囲の反比例の問題に歯車の問題があります。解ける子は少なかったですが6〜7年前は学校の授業でも行いテストでも出ていた問題です。それが4〜5年前には授業では行うが難しいのでテストには出ないようになり、現在は授業で触れられる事がほとんど無くなったと生徒から聞いています。出来ないから出さないのでしょうがやらない限り出来るようにはなりません。教科書準拠のワークでも取り上げられている問題なのですが…

     

    歯車が身近にないので仕組みがピンとこない子も多かったので自転車のペダルを漕ぐ力がチェーンを通してタイヤを回転させている事を自転車を教室に入れて実際に見せたり、歯車の回っている様子、回転数が歯車の大きさによって違い変換されていく様子をYoutubeなどで見せて、ホワイトボードで図解し反比例の関係がある事を理解させました。

     

    しかし、こういった仕組みを理解して問題を考える事が学校ではほとんど無いため結局は身につかず3年時の入試対策で応用問題(入試問題としては標準レベルの問題でも経験の浅い萩の生徒には難しく応用問題に思えてしまう事があります)に全く手が出ない事態になってしまうのが萩の現状です。

     

    当塾で使用している教科書準拠の標準レベルのテキストですら萩の生徒には難しく感じ、見た事がなく・やった事がないタイプの問題があると生徒から良く聞きます。これではいけないように思います。

     

    普段から塾だけでなく、もう少し考えさせる問題に触れる機会を増やさないといけないと感じた今日のテスト対策でした。

    2017.10.27 Friday

    授業の受け方。

    0

      今日の中1クラス、数学にて比例の式の求め方の段取りを指導して、手順を板書して確認。生徒にノートにも写させてポイントは計算ではなく式の解答への持って行き方だと強く説明。

       

      y=ax として そこにxの値 yの値を代入して解いていく流れを身につけるのが目標で、計算内容自体は21÷7 や12÷4くらいの小学校4年生でも簡単に解ける内容でした。

       

      説明の後に同様な問題を解かせると、途中を省略して答えを出している。いや、ここは書き方の練習なのできちんと板書してノートに写したやり方で行ってくださいと、もう一問解かせてもまだまだ書き抜けている、ここでかなり「書き方が大事!ちゃんと説明聞いてた?」と強めに釘をさして、解答もこういう風に書いてくださいと再び指示しノートに書かせて、更にもう一問解かせるもまだ書き抜けている。その都度解答は板書で説明しているので、見ていないわけではないのに自分で勝手に省略している。

       

      ここでさすがに、いい加減言われた通りの書き方で解いてくれないかと、かなりキツく言ってしまいクラスの空気が重くなりました。そこは反省すべき点ですが、どうも自己流でこのぐらいでいいんじゃないかと、今まで学校でやってきている生徒が多くなっているのかな?という印象を受けました。

       

      自己流で解釈しているうちは自分の解る範囲しかわかりません。新しいやり方に触れて気づきや学びがありそこで進歩していくのですが、こちらの指示を自分の都合がいいように勝手に変えてしまうと、気づける事も気づけなくなってしまいます。

       

      もちろんある程度、理解が進めば途中を省略したり自分なりに構成しなおす事ができますが、そのあたりの判断もこちらが生徒の力を見て判断していくのですが、すぐに自己流に走る生徒もいます。

       

      あまり厳しくなりすぎるのは逆効果ですが、自己流で進めさせないようにしっかりと引き締めていかないといけないと感じた1日でした。

       

       

       

      2016.05.17 Tuesday

      中学1年 中間テスト2週間前

      0

        中間テストまで2週間を切ってきました。

        新中学1年生にとっては初めてのテストで、今回のテストの結果が今後中学3年間の基準になるテストです。
        最初のテストでつまずいてしまうと、なかなか取り戻すのが難しい面があります。普通は中学3年間でいちばん簡単でいちばん点が取り易いのが中1の1学期の中間テストです。

        さて、今年から新しい教科書で英語は本文も完全に一新されて始まっています。今日現在(5/17)で西中はUnit2のPart2、東中はやっとUnit1の1に入ろうかという所です。西中と東中で進度の差が結構出てきています。

        テストまで2週間切ってきましたので、教科書本文を教科書を見ずに書けるくらいまでにならなくてはいけないのですが(実際、最初は結構大変です)もう現段階で生徒間で書ける子と書けない子の差が出てきています

        今の時期の英文は非常にシンプルで出て来る単語も基本的なものばかりです。ここで書いて覚える事が苦手なようだと今後改善の見通しは立ちません。もちろんまだ小学生の勉強の意識から切り替わっていない子もいるのでしょうが、塾の授業で単語テストや小テスト、本文の内容を書かせたりしていますので、中学ではどのくらい勉強をしないといけないのか感じているはずなんですが・・・


        (今年から変わった英語の教科書 New Horizon 1年生)

        毎年の経験上、この時期で単語覚える事が軌道に乗らないと英語がわからなくなる可能性が高いのです。今はまだ英語の授業というよりも基本の単語・例文を覚えるのは記憶のテストに近いものがあります。

        ある程度、単語や文の知識が入った所で文法や、英文に変化を付けていく練習が出来るので、単語を覚えられないのはスタート地点に立てないという事になります。個人差や途中入塾者もいるのであまりプレッシャーを与えまいと今のところあまり厳しくはしていませんが、テストも近くなりそうも言ってもいられなくなりました。



        (東中はUnit1−1 P22に入ったばかり。)

        (西中はUnit2−2 P32に入りました。)

        西中が少し早いようで、テスト範囲がどこまでになるのか気になります。教科書が改訂されたので予想が立ちません、今までならばUnit2-1までが中間テストの範囲になる事が多く、もう既に西中はそこまで終っています。
        あまり早く進むと生徒はわかったつもりでも、質問したり書かせたりすると実はあまりわかっていない事があります。
        ある程度進むごとに本文の内容確認や単語テストなどでチェックしていかないと何にも身に付いていなかったという事も起きてきます。学校ではそこまで逐一確認出来ないはずですから塾の授業時に確認して苦手な子はやり直させるようにしています。

        しかし、塾の授業時間内や居残りでやり直しをするのが目的ではないのです。
        塾での時間は限られています。授業後に残るとしても集中力の点からそんなに長時間は残せないものです。
        やり直しがあると残らないといけないので、家や学校でしっかり身に付けようと言う意識が湧いて来るようにするのが目標です
        学校はほぼ毎日英語があるので、そこで集中して理解・反復する方が効果が高いのです。塾で気になる点や苦手な点を意識しておいてそこを学校で確実に身につけるように学校の授業も集中してもらいたいのです。

        もちろん何をしているのかわからないようであれば集中出来るはずありませんので、塾でポイントの説明や生徒各人の苦手部分を気付かせて、ある程度のやり直しをしておく事も大事です。

        まだまだ1年生はテスト勉強の厳しさを感じていない部分もあるので、失敗する前に何とかしていきたいと思っています。


         

        2016.05.05 Thursday

        新中学1年生 補講

        0
          先月下旬に、西中から複数の新入生が入塾、他の1年生は3月から徐々に中学内容を行なってきていたので、少し差がついている様なのでこのゴールデンウィーク中の通常クラスがお休みの間に補講を行ないました

          数学よりも英語のほうが書く事で差がついている様なので英語の書く事を中心に指導いたしました。


          (中1の補講の様子です。少し画像をぼやかしてあります。)

          西中は、教科書本文 Unit1-1に入ったようです。Unit0のアルファベットの練習や単語の読み、一週間や数字を表す表現は学校で一応練習したようですが、覚えるほどまでの練習をしていないようです。
          3月からの入塾生には数字や一週間、12ケ月は覚えて書けるように単語テストをしてきましたので、まずは英語のローマ字とは違う発音と文字の関係性(フォニックス)を確認しながら書く練習とテストを行ないました。

          フォニックスは文字や単語の読み・発音のルールなのですが、意識すれば発音から単語を類推して書けるようになります。(もちろんすぐに出来る訳ではないですが100単語を根性で覚えるより、フォニックスのルールを先に身につけておけば共通点を見つけ出す事で100単語が20単語くらいのパターン・量にまとめる事が出来ます。)

          中学に入った生徒さんが単語で最初に引っかかる事といえば、英語の発音がローマ字の読みと違う事、アルファベットが小文字中心である事(bとd、pとq、mとnの混同、g,j,p,q,yなどの下側に突き抜ける文字、大文字から想像しにくいdやrにミスが出易い)、この部分は最初間違うのは仕方ないので繰り返し意識しながら練習して身につけていくしかありません。

          数学はコツがわかれば早い部分もありますが、英語は単語や文章を書く、英文を理解するのには練習量と時間がかかります。
          1学期の定期テストでは教科書内容そのものを選ばせる、一部分のみ書かせる様なものも多いですが、2学期末からは動詞の変化を判断しなくてはいけなくなります。

          もちろん、5月末の中学最初の中間テストで失敗しない事も大事ですが、それ程内容は難しくないはずです。(英語の理解をしたかより、授業を真面目に受けていたかが反映する様な内容だと思います。)
          今は大丈夫でも2学期で困らないように少し余裕を持って学習を進ませるように意識しています。

          萩市の学習塾 樂力塾
          2016.03.10 Thursday

          新入生体験授業から中1授業開始へ

          0

            中学3年生の受験が終わり今週から新中学1年生クラスが始まっています。

            初回の体験授業から3週間が経ち、やっとお互い打ち解けて授業が出来るようになってきました。今年のメンバーは真面目な子が多く、どのくらいの感じで懐に踏み込むか距離感を掴む事に苦労しました。

            生徒も講師もお互い固いままで、打ち解けないと却って引っ張っていく統率型の指導が出来ません。その為には雑談や笑いが大事になってきます。何故かというと、ある程度の親近感を持ってもらわないと指導において叱った場合に生徒が心を閉ざしてしまい表面のみ指導に従い、本当に伝えたい事が生徒に伝わらなくなる恐れが有るからです。(もちろん親近感を越えて馴れ馴れしいのは困りますが・・・)


            教室使用のワークです

            ようやく、中学クラスの内容と時間帯になり(体験授業は夕方に行い、中1クラスは19:20〜)ペースも中学生に向けたものになってきました。体験授業時に感じたのは小学生の授業を進めるスピード調整が難しい(少し難しい内容はかなり時間がかかり、もう少しスピードを速くしていきたい)という事です。授業の進度は小学校と中学校でぜんぜん違いますので、これは慣れていくしかない部分です。


            体験授業時に小学生特有だなと感じたのは
            解答時に間違った箇所を消しゴムで消して、書き直そうとする
            その後赤ペンでやり直した場所で間違いが有ると修正液で消そうとする

            指導した事は消さずに間違った場所は残しておいて、やり直しは別の場所に書いておくという事です。(やり直しがまた間違っていた場合は記録に残しておく必要が有ります。それによって弱点やすべき事がハッキリしてきます。)

            小学生は仕方ないとしてや最近は中学生でもこのような子がいますが、目的は次回に活きる理解をする事で、目の前の問題を正解する事ではない事が解っていない。

            間違いを消して書き直す方がスッキリして精神衛生上には良いように思います。まだ間違いに向かい合うだけの強さが本人に無い時点では良い場合も有るのでしょうが・・・もしかするとキレイに書き直した方が記憶に定着し易くなるのかもしれませんね。なにせ「後で見直すので間違いは消さないように」と言っても後でノートをちゃんと見直す子は少なく(サラッと確認する子はいるが・・)、見直すくらいの意識の高い子はもともと問題を間違わない!もしくはやり直しのその場で理解するようにしているので、結局、後でノートを見直す事でそれ程差が出ないのかもしれません。中高生はテスト期間の課題を出す事や塾でのテスト対策で精一杯で自分で気になる所を繰り返す習慣・時間が無い子が多い現実も有ります。)

            式の書き方なども、小学生流の書き方と中学生では書き方が違います。
            計算式の進め方・書式〜小学は問題内で個別に部分ごとに計算して後でまとめていく様な書き方、中学は一つの流れで最後までつなげていく書き方が求められます。式を見ると頭の中で何を考えているか、何がしたいのかという事は解るのですが(答えが合っていても)、厳密に言うと間違った書き方・つなげ方をしている事があります。

            解答や式の書き方については繰り返し注意しながら指導し書き方を習慣づけるようにしていきます。意識して書く事はとても大切です。途中の式を省略する子・書く事を嫌がる子も多いと思いますが少し難しくなると解けなくなる子は簡単な問題を解く時に式を書く習慣と定型の式の進め方を身につけていないので、難しい問題で式を書こうとしても何から書いて良いのか迷う事になります。

            やはり小学6年と中学1年では段差が有る事を改めて実感し、そこを上手く乗り越えるように指導していきたいと思います。


             

            Calendar
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            << November 2019 >>
            Selected Entries
            Categories
            Archives
            Recent Comment
            Recommend
            Recommend
            Links
            Profile
            Search this site.
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered by
            30days Album
            無料ブログ作成サービス JUGEM