<< 新入生体験授業から中1授業開始へ | main | 2016年04月26日のつぶやき >>
2016.03.16 Wednesday

高校入試合格発表と生徒のこれから〜高校準備講座

0
    本日公立高校の合格発表があり当塾の生徒さん全員合格いたしました。おめでとうございます。
    今年の萩市の公立高校は定員割れの学科が多くほぼ競争のない状態でした。

    さて、この春休みで萩高校入学者は高校の予習と意識の切り替えをして入学を迎えるために高校準備講座を、18日(金)16:00〜19:00を初回として計7回(各3時間)行います。
    英語・数学とも約10時間で1学期の第1回考査で問われる部分の予習を行います。高校の授業は進度も速く、難易度も高くなるので最初でつまずくとなかなか遅れを取り戻せず、そのまま高校3年間を過ごしてしまう事にもなってしまいます。そうならない様に高校学習のポイントや意識を春休みの間に身に付けて最初の定期テストで良い流れに乗れる様に指導していきます。

    ※2名程度、期間中に1度は体験授業として参加可能です。18日以降の日時についてはお問い合わせください。

    中学で成績が良かった萩高入学者もかなりの数の生徒が、授業に着いていくのが精一杯、または授業に着いていけない状態になり、3年時にセンター試験のレベルに到達できない事になります。
    (センター7割近くで山口大学、最低でも6割は欲しいのですが…もしお知り合いのお子さんでセンター試験を受けた生徒さんがおられましたらセンターの点数とその子が中学の頃の定期テストの点や学内順位を聞いてみてください。えっ!?と思うくらい点を落とされている生徒さんが多いと思います。もちろんセンター試験で8割くらい取れてる生徒さんもおられますが、その場合は萩高Top10、東中や西中で3番以内ぐらいの成績です。)

    高校の授業に着いていくには、毎日の予習や復習等を継続出来る意識とそれを習慣づける事が大事です。
    中学の頃は、学校の授業をしっかり聞いておいてテスト週間に勉強すれば良い点が取れていたという経験が却って勉強の習慣を付ける点においては逆効果かもしれません。

    高校でテスト週間に必死に勉強し始める様では手遅れです。普段の授業で毎日学ぶ新しい事を理解していくのが大変でありその為の努力や集中が1番苦しいはずです。一方テスト週間やテスト期間中は学んだ事柄のまとめと定着の練習をする期間なので勉強量は多くても精神的には楽にならなくてはいけないのです。
    高校では3年間毎日がテスト週間という意識を持てるかどうかで大きく変わって来ます。(テスト期間中は、昼までに帰れて次の日のテスト科目だけを確認すれば良いので、テスト期間中が息抜きになる位でないといけません。)

    ついこの間まで中学生だった生徒達がこの様な考えになるにはかなりの意識の切り替えが必要です。この春休みに高校の試験内容を参考にした講座で感じ取ってもらいたいと思います。


    萩市の学習塾〜樂力塾
     
    コメント
    ながいちゃん元気そうやね
    • 曽小川
    • 2016.03.27 Sunday 23:25
    コメントぜんぜん気付かなかった、遅くなりました。
    久しぶりやね!もう20年近くなるね!今思えば音響棟よりl工業設計のクラスにいる時間が長かったように思います。
    曽小川ちゃんは軽音じゃなかったけど、けっこう佐藤や石川たちと一緒に居た感じがします。
    いまは、どちらですか?
    • 永井 よしお
    • 2016.08.08 Monday 13:30
    コメントする








     
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recommend
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM