<< 2019年03月06日のつぶやき | main | 2019年03月08日のつぶやき >>
2019.03.08 Friday

新 中学生3年生 模試過去問

0

    こんにちは!

    山口県公立高校入試も終わり、この4月から3年生となる中学生2年生の学習達成度が気になるところです。

     

    今週の英語の授業では当塾で受験してもらっている、山口県一斉模試の過去問を行い現在の力の確認を行いました。

     

    とにかく英語の模試や入試対策と言うのは長文読解が難所で、普段定期テストで良い点を取っている子も英文を読み慣れていないと読解できずに点が取れない事が多いのです。

     

    何故か? 

    それは、普段の定期テストでは1ヶ月から2ヶ月の間、授業で習った事を対象にテスト問題が作られるので、出てくる単語、知っておくべき文法事項、テキストの本文の内容、どの辺りがテストに出るか、等がテストを受ける前に事前に分かっています。そして、その範囲のみをしっかり繰り返し学習すれば、英語自体の理解度は高くなくともある程度の点は取れてしまいます。

     

    習熟度テストや模試で点数を落としてしまうタイプの生徒さんはこういった勉強法に偏っていると考える事ができます。もちろん学校の勉強は基礎の部分でとても大切ですが基礎を学んだ上である程度自由に英文が理解出来るような練習や学習を行っていないと高校入試や高校入学後のつまずきの原因にもなってしまいます。

     

    これは生徒さん自身では気づきにくいところなので、過去問を解かせる事で自分の思っている英語の実力と本当の英語力に差がある事を知ってもらおうと行いました。

     

    結果はどうだったかというと…

     

    6名の生徒全員が70点以上、うち2名が80点以上でした!

     

    定期テストの点に慣れているとすごい点数に思えませんが過去の生徒さんや受験者全員のデータから確認すると山口県の平均点は50点台後半(通塾生対象の模試なので通塾していない生徒も考慮すると実質の平均は40点台くらいになると思われます)

    過去の萩高合格者でもこのテストで50点代という子もおります。(多くは60点代以上ですが…)

     

    驚きだったのはクラス全員が70点のラインを超えていた事です。よく出来る子がいる学年も過去にはありましたが、こんなにバランスよくクラス全体が良い点だったのは初めてではないかと思います。

     

    模試の難しさを知りショックを受けてもらうために行ったテストでこちらが、いい意味で逆にショックを受けてしまいました!  

     

    ふだん読解力の養成を意識して授業は行って参りましたが、学校の教科書内容や定期テスト対策も行うなかで読解の指導時間に関してはまだまだ充分だとは言えない部分もありましたが、生徒たちの結果を見て成果は出ているのだと感じる事ができました。

     

    今後さらに力を伸ばせるように、定期テストが差し迫ってない間は入試対策や長文読解の部分を意識して増やしておこうと思います。

     

    萩市の学習塾 樂力塾(ガクリョクジュク)

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recommend
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM